合宿免許を受ける学生のためのローン

合宿免許の費用というのは、教習代金そのものだけではなく、さまざまな費用がパッケージとなっているものと考えたほうがよいといえます。

たとえば、教習のときに使われるテキスト代、仮免許などの試験のための受験料、ホテルや旅館などに宿泊するための宿泊料、現地での毎日の食事のための食事代といったものが含まれているはずです。



合宿免許の場合には、多人数での宿泊となりますので、ホテルやや旅館の代金にしても、いわゆる団体扱いで通常よりも安くなっていることはたしかです。



しかし、そうはいっても、自宅から通学をするのとかわらないだけの教習を受けつつ、しかも宿泊をすることになるのですから、合宿免許トータルとしての費用はかなりの金額にのぼります。こうしたことから、経済的に合宿免許を受けることがむずかしい学生などを対象として、ドライビングスクールの側でローン制度などの紹介をしてもらえることがあります。

学生身分で未成年という場合には、保護者のほうの収入や職歴などが審査にかかわる場合もありますが、通常のローンの審査と同様にとらえてよく、審査を通過できれば、合宿免許の費用は毎月に分割して口座引き落としとなるため、たいへん便利であるといえます。

また、学校を卒業していない学生の場合には、卒業までローンの返済を据え置く制度の適用を受けられる可能性があり、その場合には、学校を卒業して就職して定期収入が得られるようになってからの支払いですので、さらに便利度が増すものといえるでしょう。