合宿免許の部屋割りについて

合宿免許に申し込みをすると、ドライビングスクールを卒業できるまでの期間中は、ドライビングスクール近くのホテルなどの宿泊施設や、またはドライビングスクール内の寄宿舎などで生活をしなければなりません。

この宿泊に関してですが、通常は合宿免許に参加している受講生どうしの相部屋となり、おおむね4名程度での共同生活ということになります。



知らない人と話しをしながら過ごすというのも、社交性が高い人にとってはそれなりに楽しいものですが、場合によっては、あまり他人とはかかわりあいたくはないという人もいることでしょう。


そうした場合ですが、たとえば合宿免許に友人や親戚などのグループで申し込んでしまうという方法があります。

この方法であれば、グループ割引が適用される上に、相部屋とはいってもグループのメンバーでの相部屋ということになりますので、かなり気楽にとりくむことができるといえます。

また、はじめから個室を用意するといしているプランに申し込んでしまうという手があります。

これは夏休みのような人気のあるシーズンではなかなかプランの空きがないこともありますが、人気のあるシーズンをはずして申し込みをすれば、意外と個室のプランというのは残りがあるものです。
この場合、ホテルのような一般の観光客も宿泊するような施設よりも、ドライビングスクール内の寄宿舎のようなところのほうが、空きが多いことがあります。

今よりも伊万里自動車学校の有益性の紹介です。

ウィークリーマンションのようなところに宿泊する場合も狙い目であるといえます。